背中の乾燥とニキビを招く悪習慣

ニキビは、背中が乾燥をすることによってできます。その原因をしっかりと知ることが大事です。その原因のひとつとして、背中の皮脂で毛穴が詰まってしまうことがあります。その皮脂が詰まるのは、乾燥することが原因なのです。皮脂が詰まった時、ニキビとなってしまいます。

背中が乾燥する原因として、まず摩擦があります。衣類が擦れることによって、乾燥します。するとそのことが刺激となり、痒くなって背中をかくことも多くなります。するとますます、乾燥してしまうことになるのです。それは避けたいですね。そのため、衣類についても痒くならないような洋服を選択するようにしましょう。また体を強く洗うことも、背中を乾燥させる原因となります。それは、背中は普段あまりかかないので、ついきつくこすってしまうことがあるのです。

すると、肌が乾燥をしやすい状態になります。するとまた、痒くなってかいてしまうことになります。その強く洗う習慣を改めることが大切です。意識をして、弱く丁寧に洗う事を心がけましょう。そして、汗などを多くかいてしまう時も、その後に乾燥しやすい状態となります。そんな時も、汗をこまめにふくことができるといいですね。または、着替え等もおススメします。